members

教員

廣安 知之(教授)

1997年早稲田大学理工学研究科後期博士課程修了.早稲田大学理工学部助手,同志社大学工学部インテリジェント情報工学科准教授を経て, 2008年から生命医科学部医情報学科教授.
進化的計算,最適設計,並列処理,設計工学,医療画像工学などの研究に従事.
IEEE,情報処理学会,電子情報通信学会,人工知能学会,
日本機械学会,超並列計算研究会,日本計算工学会各会員.

> 詳細


日和 悟(准教授)

2007年 同志社大学大学院工学研究科 知識工学専攻 博士課程(前期課程)修了後、松下電器産業株式会社(現 パナソニック株式会社)に入社。自動車向け電子部品(キャパシタ、スイッチング電源、二次電池用センサ)の設計シミュレーション/数理モデル化、デバイス制御技術の開発に従事。2012年、同志社大学大学院生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻 博士課程(後期課程)に入学、社外活動として製品設計のための最適化と設計データ分析技術の研究を行い、2015年 博士(工学)を取得。同年9月 パナソニック株式会社を退社し、同年10月より同志社大学生命医科学部医情報学科助教に着任。

> 詳細


博士後期(修士)課程

D3 生命医科学研究科 (IS15期生 MISL05期生)

福島 亜梨花 「遺伝子ネットワークの動的最適化」


博士前期(修士)課程


M2 生命医科学研究科(IS23期生 MISL13期生)

浦喜 大悟 ストレッサーがドライバの運転行動に及ぼす影響 ~マルチモーダル生体情報に基づく分析~

荻原 岳彦 脳機能コネクトームに基づく漫然運転度の予測

瓦谷 優太 脳活動に基づく漫然運転状態モデルの構築における特徴量選択の影響

菊池 優斗 報酬分配に伴う二者間脳活動同期のfNIRSハイパースキャニング ~面識の有無が社会的相互作用と脳活動同期に及ぼす影響~

郷戸 美沙 早期胃癌拡大NBI画像に対するDemarcationLine診断支援システム ~教師なし学習手法の性能評価~

川瀬 研吾 医用画像におけるSuperPixel生成手法の検討

泉珠 江 N-back課題における脳賦活量を用いたクラス分類

渡邊 成 内視鏡画像解析のための深層学習の適用 ~学習モデルのアーキテクチャの違いがアーチファクト除去に及ぼす影響の調査~

渡邉 翔太 脳機能的結合に基づく注意度推定における回帰モデルの比較

布施 佑之介 複数の相関行列に対する低ランク相関行列の推定

豊福 弘樹 ウェルネスダーツが若年者および高齢者の脳機能に及ぼす影響

髙橋 伸彰 SIR型モデルを用いたCOVID-19流行モデリングと分析


M1 生命医科学研究科(IS24期生 MISL14期生)

岩出英子

吉岡京華

奥田薫

松本啓宏

後藤大輝

北村瑞穂

戸田有彩

柳楽裕介

舩津翔


B4 生命医科学部医情報学科(IS25期生 MISL15期生)

河中将

関寿菜

近野航暉

犬丸透

古田菜央

戸田勝己

荒井千里

山本達也

山本富也

山本翔太

寺口玄記

松浦雅晃

松岡里佳

正木耀亮

船岡睦実

丹羽舞佳

馬場沙耶佳

柏葉勇斗

樋田一樹

綿世慎司

濱侑希

***

礒嶋真生

卒業生(生命医科学部・理工学部 廣安・日和主担当学生)

OB・OGのページ