概要

計算性能の進化が著しいグラフィックカードのGPU(Graphics Processing Unit) をグラフィック表示以外の用途で活用する手法は近年非常に注目を集めています. 今回の研究会では,関西でGPGPUをご活用されている奈良女子大学大学院人間文化研究科 複合現象科学専攻 城 和貴先生、大阪府立大学 大学院理学系研究科 情報数理科学専攻 藤本 典幸先生のご協力を頂き,GPGPU研究事例を交えながら開発環境「CUDA」の実習を中心としたセミナーを開催し,GPU コンピューティング導入について考えます.なお今回の研究会は,株式会社ユニットコムとの共催です.

プログラム

13:00 - 13:05
オープニング
廣安 知之(同志社大学)
13:05〜13:20
エヌビディア GPGPU ご紹介
杉山 充 (株式会社エルザジャパン)
13:20 - 14:00
基調講演 ループ再構築理論のCUDA適用事例
城 和貴 先生 ( 奈良女子大学大学院 )
14:00 - 14:10
休憩
14:10 - 16:30
CUDAチュートリアル、CUDAプログラミング実習
藤本 典幸 先生(大阪府立大学)
16:30 - 16:40
GPU製品のご紹介
(ユニットコム)
16:40 - 16:45
クロージング
廣安 知之(同志社大学)

注意

参加申し込み

下記のUNIT COMのサイトからお申し込み下さい. (10月21日(水)締切)

京都GPGPUセミナー参加申し込みフォーム

https://www.pc-koubou.co.jp/business/contents/orderform/form.php?pn=2009-10-28seminer