【第4回研究会】

日時:1995年6月21日(水)午前10時25分-午後5時5分

場所:神戸大学瀧川記念会館(〒657 神戸市灘区六甲台町)

1.(10:25-10:30)開会挨拶 チェアマン 三木光範

2.(10:30-11:10)「並列マシン Cenju-3」

               加納 健(NEC C&C研究所)

 Cenju-3は,多段網によって最大256プロセッサを接続できる並列マ
シンである.今回は,Cenju-3のアーキテクチャについて説明し,並列処
理ライブラリParalib/CJ,実行環境についても紹介する.

3.(11:10-11:50)「日立並列計算機SR2000シリーズ」

               米村 嵩,上西博文(日立製作所情報システム
事業部)

 SR2000シリーズは,分散メモリ型アーキテクチャを採用した技術計算分
野向けの並列計算機です.今回は,SR2000シリーズのハードウエア,ソフ
トウエア,並列開発環境および,主に流体解析分野におけるアプリケーションに
ついて説明します.

(11:50-12:50)昼食休憩

4.(12:50-14:20)「並列計算機における相互結合網」

               富田眞治(京都大学工学部)

 並列計算機の相互結合網(ネットワーク)は性能に大きな影響を及ぼす.本稿
では静的網と動的網の構成方式について詳述し,それらを用いた実システムも紹
介する.

休憩

5.(14:30-16:30)「非数値計算問題の並列プログラム開発事例より」

               瀧 和男(神戸大学工学部)

 LSI-CAD分野の並列処理プログラムとして,配置,配線,論理シミュレ
ーションの各プログラム開発事例を紹介するとともに,そこで用いた各手法を,
汎用的並列処理アルゴリズム/モデル化手法の視点から解説する.汎用的組み合
わせ最適化問題解法としての「温度並列SA法」,モデル化手法としての「並列
オブジェクトモデルに基づく方法」,汎用的スケジューリング手法としての「タ
イムワープ法」などについて述べる.

6.(16:30-17:00)文献紹介:PARALLEL COMPUTING VOL.21 NO.1-3

               三木光範(同志社大学工学部)

7.(16:00-17:05)閉会挨拶