第21回 超並列計算研究会

第21回 超並列計算研究会が下記の通り開催されました.

  • 日時: 2001年5月9日(水)午後1時〜5時
  • 場所: 同志社大学知能情報センター 3階会議室
    • 住所: 610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3 
    • 電話:    0774-65-6434(三木)

  • 共催: 同志社大学学術フロンティア推進事業「知能情報科学とその応用」研究プロジェクト

  • プログラム
    1. 13:00-13:10 
      • 挨拶
      • 超並列計算研究会代表 三木光範(同志社大学工学部知識工学科)

    2. 13:10-13:50
      • 「同志社大学学術フロンティア推進事業:知能情報科学とその応用」
      • 三木光範(同志社大学工学部知識工学科)
      • 概要:文部科学省の補助金を受け,2000年度から学術フロンティア研究プロジェクト「知能情報科学とその応用」が5年の期間で実施されます.この内容について紹介します.特に,並列計算機を利用する研究テーマについて詳しく述べます.

    3. 13:50-14:30
      • 「IBM並列計算機RS/6000 SPとPower4搭載サーバーご紹介」
      • 辰岡正樹(日本アイ・ビー・エム WEBサーバー製品事業部)
      • 概要:同志社大学知能情報センター様に導入されました並列計算機RS/6000 SPおよび次期並列計算機としてのPower4搭載サーバーについてあわせてご紹介いたします.

    4. 14:30-15:10
      • 「VT PC Cluster-I, IIのご紹介」
      • 中田寿穂(ビジュアルテクノロジー株式会社,株式会社ベストシステムズ,青山学院大学総合研究所)
      • 概要:同志社大学知能情報センター様に導入いたしました大規模超並列PCクラスタシステム(Pentium III 800MHz, 256PE)についてご紹介いたします。また、こうした大規模クラスター構築におけるノウハウ、現状抱える問題点等についてご紹介いたします。

    5. 15:10-15:20
      • 休憩

    6. 15:20-16:00
      • 「Myrinet 2000 + Kondara MNU/Linux HPC 2000 クラスタのご紹介」
      • 柴崎勝憲(住商エレクトロニクス(株)),樋口 証(デジタルファクトリ(株))
      • 概要:最新のMyrinet 2000システムをインターコネクトとして採用した大規模PCクラスタ(分散型並列計算機システム),そして,OSとして採用したPCクラスタの利用環境や導入を容易にする Kondara MNU/Linux HPC 2000 のご紹介を行います.

    7. 16:00-17:00
      • 同志社大学知能情報センターの見学,特に,
        1. 並列計算機(IBM RS/6000 SP3)
        2. 国内最大級のPCクラスタ(ビジュアルテクノロジー,256PE)
        3. Myrinet2000型PCクラスタ(住商エレクトロニクス,64PE)
      • など.


  • Exit