第43回 超並列計算研究会

第43回の超並列計算研究会が下記の通り開催されました.

特集:DELLの新しい戦略(HPCCシステムの最新事例・テクノロジーの紹介)

  • 日時:2006年4月6日(木)13:30- 17:30
  • 懇親会あり
  • 場所:
    • 京王プラザホテル東京44Fハーモニー
      〒160-8330
      東京都新宿区西新宿2-2-1
      03-3344-0111

概要

 DELLのHPCCへの取り組みと考え方についての解説がありました.DELL−USでの大規模事例,日本での最新構築事例などを最新のテクノロジ、ハードウェアと共にご紹介致しました.

プログラム

  • 13:30 - 13:35: オープニング
    • 三木 光範(同志社大学)
  • 13:35 - 14:35 <特別講演> KEK B-Factoryシステム導入事例と研究発表
    • 真鍋 篤 (高エネルギー加速器研究機構 計算科学センター)
    • インテルプロセッサ搭載のHPCクラスタとしては日本国内最大級となる,1,200台(2,400CPU)のブレードサーバを導入した高エネルギー加速器研究機構Bファクトリー計算機システムについて,そのプロジェクトの概要やシステムの活用方法などをご紹介いただきます.
  • 14:40 - 15:10 DPS(デル・プロフェッショナル・サービス)によるBファクトリー計算機システムの導入・展開
    • デル株式会社
    • 1,200台のサーバを現場でどのように効率的に導入・展開を行ったのか,本プロジェクトに実際に携わったDPSのコンサルタントからそのプロセスの紹介.
  • 15:10 - 15:40 データセンター環境アセスメント・サービスのご紹介〜電源、空調、ラック配列、セキュリティなどの最適化を図る〜
    • デル株式会社
    • 2006年2月13日に発表したデータセンター安定稼動のためのコンルティング/構築サービス「データセンター環境アセスメントサービス」について,そのサービスの詳細の紹介.
  • 15:55 - 16:55 Xeonデュアルコアプロセッサのパフォーマンスを向上させるシステム構築方法
    • スケーラブル・システムズ株式会社(デル株式会社ソリューションパートナー)
    • プロセッサの本格的なデュアルコア化が普及し始めた中で実際にシステムのパフォーマンスを向上させるにはどのようなアプリケーション開発をすればよいのか,幅広い視点での解説.
  • 16:55 - 17:25 国内HPCC市場への取り組みとWindows Compute Cluster Server 2003紹介
    • マイクロソフト株式会社
    • 全ての科学者,技術者,あらゆる企業にHPCを提供することを目指した日本でのマーケティング活動内容のご紹介.また,今年夏頃にリリース予定の製品概要についてのご紹介.
  • 17:25 - 17:30 クロージング
    • 三木 光範(同志社大学)

展示

  • 第9世代PowerEdgeサーバ 展示(ラック/タワー)
  • KEK様が導入したブレードサーバ 展示
  • 小規模HPCCデモ展示(4ノードHPCC、Platform Rocks、InfiniBand)
  • ThinPC

懇親会

1時間ほどの立食形式(会費制)

当日受付を行いました.


Exit