covid-19

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が蔓延し、研究室の教育、研究環境が大きく変わりました。
さまざまな面を再考する機会となりました。
大学の研究室における研究とは、教育とはについて考えています。
ちょっと目をそむけていた学生の本音の部分などについてもこれを機に正面から向き合っています。
今はいろいろ辛い時期ですが、それを乗り越えて新しい研究室、研究、教育を推進していきたいですね。

2021年4月

早いもので4月になります。
コロナ禍で得た知見をもとに、研究室の在り方、活動を見直して、研究室活動を行います。

メンバーの 自己紹介冊子を創りました。

第6期科学技術・イノベーション基本計画

第6期科学技術・イノベーション基本計画

第6期科学技術・イノベーション基本計画がまとめられようとしています。
内閣府

本研究室では、ヒトのwell-beingにつながることを願って研究を行っています。
まさに、いま国が目指そうとしているところです。

また、大学をあげて  Comm 5.0-AI・データサイエンス副専攻プログラム を実施しています。
AI/データサイエンスの技術と知識を持って、次世代のCommunity およびCommunicationを創造できる人物を養成しようというプログラムです。
まさに、「我が国が目指すべき社会」 とは考えるプログラムです。

2021年度 研究活動の始動

2021年度の研究活動を再開します。

コロナでいろいろとバタバタしていますが、そろそろ収束していくでしょうか。方針や体制や活動目標を新たに2021年度の研究活動を再開します。

ご期待ください。

第18回ITSシンポジウム2020

2020年12月10日(木) ~11日(金)の日程でウェブ上にて 第18回ITSシンポジウム2020 が開催されました。

当初、愛媛にて対面で開催予定でしたが、コロナの影響で、ウェブ開催となりました。

研究室から2名の学生が発表しました。

  • 脳機能ネットワークに基づくドライバの漫然運転度推定:ドライビングシミュレータによる検討○瓦谷優太, 日和悟, 谷岡健資, 廣安知之(同志社大学)
  • 脳機能ネットワークに基づくドライバの漫然運転度推定:実車による検討○荻原岳彦, 瓦谷優太, 渡邉翔太, 日和悟, 谷岡健資, 廣安知之(同志社大学)