募集中

元気な学生募集中です

死ぬほど研究したい & 元気に活動したい 学生募集中です。
研究の仕方、論文の書き方、研究を指導します。
当方、生きのよい准教授がおります。
企業、社会人で学位を取得したい方々もwelcomeです。
兎にも角にも、やる気に溢れ、元気で、天下を取りたい学生、求めています。

研究指導、募集中です

研究指導形式の委託研究も募集中です。
今、注目を集めている、AIや最適化に関連した研究指導が可能です。
指導例、豊富です。
それぞれのアルゴリズムの説明だけでなく、設計に取り込むときのノウハウ、実際の問題への適用結果へのコメント、技術相談が可能です。
これから重要になる 生体情報処理 関連の技術相談も可能です。

2023年

謹賀新年

コロナを機にずいぶんと研究室の運営が変わりました。
ちょうど、研究室名を、医療情報システム研究室から、「ヒューマンインフォマティクス研究室」 に変更しました。
それまでやっていた多くのイベントを中止もしくは変更しました。
2023年はさらに改変を進めて中身を充実させていきます。

所属のメンバーは頑張っていきましょう。
OBはポジティブブナフィードバックをどしどしください。
みなさんご支援お願いします。

新B3が研究室に配属されました

卒論、修論の作製が佳境ですが新しいB3が28名、研究室に配属されました。
うちの研究室のミッションは、研究を通じて成長すること。
是非、頑張ってもらいたものです。
まずは、研究の建て方、進め方、論文の書き方を学びます。

Demarcation Line Determination for Diagnosis of Gastric Cancer Disease Range Using Unsupervised Machine Learning in Magnifying Narrow-Band Imaging

われわれの新しい論文です。
ながく取り掛かっていたましたがようやく出版できました。

narrow-band imaging (M-NBI)-based 画像に対してがん病変と背景粘膜のデマルケーションラインを、教師なし学習で決定する手法の提案です。

Demarcation Line Determination for Diagnosis of Gastric Cancer Disease Range Using Unsupervised Machine Learning in Magnifying Narrow-Band Imaging

医用画像は精度が重要です。
精度が高い教師データは、優秀なお医者さんしか用意できません。
多くの教師データを用意するのは現実的でしょうか?
また、得られたラインを説明する必要もあります。Deep Learningが大流行ですが、うまくいくでしょうか。
われわれの提案は、教師なし学習です。

2022年度 春学期終了

春学期が終了しました。
まだまだコロナが収束しませんね。6月ごろはちょっと落ち着くと思ったのですが。

久々にIEEE WCCIにて発表しました。
イタリア・パドバに行ってきました。帰国できるかどきどきしましたけどね。

元気な学生募集中です!

IEEE WCCI

Padova/Italy で開催された IEEE/WCCI(CEC)に参加してきました。
https://wcci2022.org/

廣安とM2の戸田さんの参加です。
超 久しぶりの学会参加、海外出張です。
コロナにかかるとかえってこれないのでびびってました。 現地ではだれもマスクつけてないし、べらべら喋りながらご飯たべてたました。
後で聞いたら、会長も副会長も学会終了後、コロナになってたそうです。

Visualization, Clustering, and Graph Generation of Optimization Search Trajectories for Evolutionary Computation Through Topological Data Analysis: Application of the Mapper
戸田さん うまく発表できました。

コロナにはかからなかったのですが、廣安がちょっとミスって長くイタリアに滞在しました。

Predicting the Degree of Distracted Driving Based on fNIRS Functional Connectivity: A Pilot Study

Predicting the Degree of Distracted Driving Based on fNIRS Functional Connectivity: A Pilot Study

我々の新しい論文です。
Frontiers Neuroscience
平成26年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 ドライバ・イン・ザ・ループ 研究拠点 で開始された運転時の脳機能状態を測定し解析した研究成果です。
実験、解析 なかなか大変でしたが形としてアウトプットされました。

本研究では、脳活動から万全運転の程度を予測できるモデルを開発しました。
機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いて、実車運転中のドライバーのオキシヘモグロビン濃度の変化が測定されました。

2022年度 7週目

早いもので 2022年度も7週目に突入しました。
コロナによって、大幅に変えている研究室のスタイルですが、大分 起動にのってきました。
毎週、課題をこなすスタイルが主です。ほんとは、自主的に驚くくらいやってもらいたいですけどね。そりゃ難しいですね。

今年度は久々にIEEE WCCIにも参加する予定です。
pre preprintも定期的に出して行きます。

我々の活動に注目ください。