2020年度修士論文諮問会

2021年1月28日~29日に同志社大学院 生命医科学研究科 修士論文諮問会がオンラインで開催されました.本研究室からはM2の9名(青木,北川,清野,風呂谷,藤田,松岡,丹,田中,辻本)が発表しました.

私は,ワーキングメモリの負荷が脳活動に及ぼす影響をテーマに3年間研究を行ってきました.その研究の集大成として,この研究の何が面白いのか,仮説は何か,なぜこの解析方法をする必要があるのかなど,専門分野の異なる先生方にうまく伝えることができるよう意識して発表練習を行いました.発表では,先生方からたくさんの貴重なご意見・ご質問を頂き,M2全員が無事に発表を終了することができました.

 

私はこれまでの研究を通して,自分自身で調べ通して答えを出すことや,自分が行っていることの目的や何が面白いのかについてよく考えること,聞く側が誰かを意識しその立場になって伝えることなど,3年前の自分にはなかったものを得ることができました.それらはこれからも必要なことだと思うため,今後も意識してさらに力をつけられるよう頑張りたいと考えています.研究では苦しいときもたくさんありましたが,自分のテーマ・課題について知識が増えていき一つずつ納得できたときや,結果の考察について他の人に面白いと言ってもらえたとき,学会で成果を発表できたとき,研究が楽しいと感じました.少しずつ自分の中で成長を感じることができたと思います.

私たちM2は4月から社会人となります.研究室で尊敬できる先生方やたくさん面倒を見て下さった先輩方,支えてくれた同期や優しい後輩に出会うことができ,研究室の思い出や頂いた言葉は,私の一生の財産となりました.これから社会人として仕事をしていく中で,お世話になった先生方にいつか恩返しができるよう,常に努力を続け活躍したいと考えています.幅広く興味を持ち,自分から発信し,周りに良い影響を与えられる人を目指したいと考えています.最後になりましたが,これまでたくさんのご指導を頂きました廣安先生,日和先生,谷岡先生,そして研究室の皆様,本当にありがとうございました.

【文責:M2 丹】

2020年度プロジェクト科目最終発表会

2021年1月27日(水)に生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻の必修科目であるプロジェクト特別演習の最終発表会がZOOM上でリモート開催されました.

プロジェクト特別演習は学生が独自に研究テーマを決定し,自ら立案した計画に基づいて実施することで,研究者や技術者として求められる「創造性」「自主性」「問題解決能力」等を身に付け,これらを総合的に運用できる能力を獲得することを目的として行われます.

ヒューマンインフォマティクス研究室では,PythonにおけるWebアプリケーションフレームワークである「Flask」と,データベースシステム「SQLite3」を使用したWebアプリケーションの開発がプロジェクト特別演習の要件として提示されました.

プロジェクトの企画時にはWebアプリ開発に関する知識が全くない人がほとんどでありましたが,研究室の取り組みとしてGoogle Classroomを活用し,毎週小レポートを提出しながら進める仕組みであったため,それぞれが着実に知識を身に付けて成果物の作成を進めることができました.

また,本年度はコロナ禍であったため例年と実施形式ががらりと変わり,中間発表会は行われず,最終発表会も「事前登録動画」+「ZOOMでの討論」というリモート形式になりました.

ZOOM上では事前に動画を視聴していただいた先生方と1対1で討論をし,質疑応答を通じて貴重なご意見をいただくことができました.

プロジェクト特別演習では,限られた期間で要件を満たす成果物を作成することの困難さを感じ,計画能力の大切さを改めて認識することができました.
また,成果物が形になった際は,得も言われぬ達成感が得られ,とても嬉しく感じたことを思い出します.

プロジェクト特別演習に取り組み得られた経験を活かし,自主自立の精神でこれからの研究生活を有意義に過ごして行きたいと思います.

【文責:M1渡邊成】

第18回ITSシンポジウム2020

2020年12月10日から2020年12月11日にかけて,第18回ITSシンポジウム2020に参加いたしました.この学会はITSの要素技術に関わる土木・機械・電気・情報といった工学領域にとどまらず,人間工学や医学,法学,経済学などの社会科学分野をも融合した分野横断的な情報交換の場として2002年より毎年開催,産学官の最先端のITS技術開発を紹介するとともに,若手研究者・技術者や学生の人材育成を目的とし,快適で安全・安心なモビリティに貢献するITSについて議論する国内学会です.本来は高知県・松山市での開催予定でしたが,コロナウイルスの流行を踏まえ,リモート開催に変更になりました.

本研究室からは日和先生,瓦谷(M1),荻原(M1)の3名が参加しました.10日は聴講,11日に発表を行いました.発表題目は以下の通りです。

    • 「脳機能ネットワークに基づくドライバの漫然運転推定: 実車による検討」
      荻原 岳彦,日和 悟,廣安 知之
    • 「脳機能ネットワークに基づくドライバの漫然運転推定: ドライビングシュミレータによる検討」
      瓦谷 優太,日和 悟,廣安 知之

11日発表はポスター発表と公開討論から構成されました.ポスター発表では,ブレイクアウトルームにて自由に発表・質疑応答を30分間行いました.その後,聴講者と発表者が同じルームに集まり,30分間の公開討論を行いました.

正直なところ,リモート開催に変更となり,現地発表の緊張感と松山名物の鯛めしを味わえなかったことは,すごく悲しいことでした.しかし,参加者全員が画面上に揃い,討論が行われるといったオンライン独特の緊張感を味わうことができました.

そして,発表動画やポスター資料の作成など,普段の研究室の生活では経験できない事が多くあり,他の発表を聞き,説明の仕方やスライドの見せ方など学ぶことが多い学会発表となりました.本気で作成したポスターの賞をとることができなかった悔しさはあるものの,学外で発表することを通して,自身の成長に繋がったこと,自身の研究を少しでも知っていただけたことはとても喜ばしいことでした.新たな経験値となりました.

【文責:M1 瓦谷】

第101回月例発表会

2020年8月24日に第101回月例発表会が開催されました.

本月例発表会ではM1の2名(川瀬,泉)がZoomを通して発表しました(敬称略).

春学期の研究成果の発表の場として開かれ,私は「大腸ポリープに対するSLICの検討」について発表しました.前回の月例発表会からB4も参加する傍聴するということで,そろそろ研究テーマが決まり始めるB4へ研究内容が伝わるように,分かりやすいスライド作りや発表内容を心がけました。発表後は,研究内容についてB4からも質問があり,興味を持っていただけたと感じています.

また,今回の月例発表会は私にとって初めてのオンラインでの発表でした.以前は全員が1つの部屋に集まり,発表者は部屋の前方に立って発表していましたが,今回はオンライン開催のため自宅からの参加となりました.そのため発表時に感じる緊張は小さく,移動が不要のため発表会前後の時間を効率的に使うことができるという,オンラインでのメリットを感じられる機会となりました.

今回指摘されたことや考えたことに迅速に取り組むため,オンラインでのMTGを積極的に行い,自分の研究を進めていきたいと思います.

【文責:M1川瀬】

第100回月例発表会

2020年7月25日(土)に第100回月例発表会が開催されました.

本月例発表会ではM1 4名(瓦谷,豊福,渡邊(成),渡邉(翔)),の計4名がZoomを通して発表しました(敬称略).

月例発表会が今回で記念すべき第100回を迎えました.サッカー大会の天皇杯サッカー選手権大会(2020年)や全国高等学校野球選手権大会(2018年)も第100回を迎えており,歴史ある大会に肩を並べました.第1回月例発表会(ICT用語発表会)は2011年4月23日に行われており,無事に100回を迎えたことはとても素晴らしいことだと思います.

今回の月例発表会は発表者が4名ということもあり、先生方や研究室メンバーと研究に対する議論を活発にすることができ,私たちM1にとっては各々の研究への理解や方向性を再確認すことのできる良い機会となったと感じています.また,私にとっては「自分自身の研究の面白さを発表でうまく表現できているのか」といったことを考えさせられる月例発表会でありました.4回生も研究に興味を持ち,積極的に質問をしていました.

今回の発表で御指摘頂いたところを改善し,さらなる飛躍を求め,研究に取り組んでいきたいと思います.また,記念すべき第100回月例発表会に発表者として自分の研究内容を発表できたことはとても光栄でした.

【文責:M1豊福】

The 26th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping

2020年6月23日〜7月3日,および2020年7月15日〜7月17日に,OHBM2020が開催されました.今年は,モントリオールでの開催が予定されていましたが,COVID-19の流行により,オンライン形式での開催に変更となりました.この学会は,ヒトの脳組織および脳機能のマッピングに関する研究に携わる様々な背景を持つ研究者を集め,これらの科学者のコミュニケーションおよび教育を促進することを目的に開催されています.

本研究室からは日和先生,D1の山本が参加しました.4日間,各日1時間のポスター発表を行いました.発表題目は以下のとおりです.

 

  • ”Is interoceptive attention during breath-counting meditation reflected in functional connectivity?”
     山本渉子,廣安知之,日和悟

今年は,私にとってOHBMの参加は2度目となりました.今年から博士後期課程に進学し,初めての学会参加だったこともあり,昨年のabstract提出から力を注ぎ,参加を楽しみにしていました.モントリオールでの開催予定がオンラインでの開催となり,最初は残念に思っていましたが,オンライン会議という大きな変化を体験できて良かったと思っています.今回の反省点としては,この大きな変化にもかかわらず,私の考え方は従来から変えられていないことにまず気づくことができなかったことです.また,計画の立て方の甘さなども改めて実感しました.しかしこの経験により,自分が分かっていなかったこと,気を付けるべき点を知ることができて良かったと思います.また,この学会参加で驚いたのが,学会開催中にシステムがどんどん改良されたことです.SNSでも世界中の人から情報が発信され,それがシステムに組み込まれていきました.そのようなことも踏まえ,もっと世の中の動きに注目し,自分から情報を得て動くようにしようと思います.さらに,発表に際して,チャレンジすることを明確にして今後望んでいきたいと思います.

【文責:D1山本】

大掃除&2019年最終全体ゼミ&忘年会

12月26日(木)に,大掃除,最終全体ゼミ,忘年会が行われました.

大掃除では,実験備品の整備や毎日利用している部屋の清掃をしました.自分たちB4は春学期終了後に行った初めての大掃除の時に比べて,主体的に動くことが出来たと思います.また,実験備品の整備を通し,改めて多くの実験備品や,研究備品があり,恵まれた環境で研究を行えていることが実感できました.最終全体ゼミでは学会の表彰があり,先輩方の偉大さを実感しました.


最終全体ゼミ終了後,京都の四条で忘年会が行われました.開始早々,イベント担当主催のお笑いライブがあり,とても盛り上がりました.お笑いライブ後のカラオケでは普段見ることができない先生方や先輩方,同期の歌っている姿を見ることが出来て,とても面白かったです.


最後に行われたプレゼント交換会では各々の個性が光るプレゼントが見られ,思い出に残りました.終始飽きることはなく,時間があっという間に過ぎてしまったことを覚えています.楽しい忘年会を作り上げてくださったイベント担当の皆さん,ありがとうございました.



年が開けると修士論文・卒業論文の発表会が控えており,私たちのまとめの時期になりますが,ラストスパートをかけて頑張りたいと思います.先輩方や同期の一部が卒業し,新体制になる新年度においても,各々が研究を通じて自己を高めることができるように,日々努力していきたいと思います.


【文責:B4 荻原】

2019年度学位記授与式

2020年3月22日(日),同志社大学京田辺キャンパスにて,学位記授与式が行われました.本研究室からは修士12名,学士18名が卒業いたしました.新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,卒業式,学位授与式は中止となり,研究室単位での学位記の授与のみが行われました.また例年,卒業生,修了生だけでなく研究室に所属する全員が集まり,卒業,修了を祝い合う一方で,今年は卒業生,修了生のみが会場に集まり,学位記の授与が行われました.
卒業式が中止となり,学位記授与も小規模となってしまったことは非常に残念ですが,小規模でも先生方から直接学位記をいただけたことは,不幸中の幸いでした.学位記を受け取った後,廣安先生,日和先生からコメントをいただきました.今年度は謝恩会の開催も中止となり,最後に先生方や研究室のみんなとゆっくり話をする時間を作れなかったのは非常に寂しいです.でもその分次に会える時がより密度の高い時間になるのではないかと思うと今から楽しみです.

 

本研究室で過ごした3年間はかけがえのない日々であり,先生方,同期のみんな,先輩方,後輩たちと本当に恵まれた3年間でした.特に苦楽を共にした同期には感謝の気持ちでいっぱいです.卒業し日常的に会うことはできなくなってしまいますが,また会える日を楽しみに,社会人としてMISLで学んだことを活かしながら,日々を過ごしていきたいと思います.次に先生方や研究室のみんなに会うときには,成長した姿で会えるよう,努力していきたいと思います.

大掃除&最終全ゼミ

2020年2月26日に大掃除と2019年度最終全体ゼミが行われました.大掃除は研究に関わる場所を整理整頓し,清潔に保つことで快適な研究生活を実現することを目的としています.普段から綺麗な自慢の研究室ですが,恵まれている環境にいるとそれが当たり前になり,つい現状に胡座をかいてしまいます.しかし,今このような環境の恩恵を受けることができるのは,先人の努力があったからこそです.後人に何が残せるのか,今よりもより良い環境にしようという思いのもと大掃除に取り組みました.

最終全体ゼミでは,2つの学会参加報告と動画による1年の振り返りが行われました.学会は自分の研究成果を発表する場の一つです.初めて参加した人も含め皆 が達成感に満ちた表情をしていました.他の研究室メンバーへのいい刺激になったのではないでしょうか.そして,毎年恒例になりつつある年度末の1年の振り返り動画は,皆にどんなメンバーでどんな1年を過ごしたのかを思い出させます.あっという間の1年でした.楽しいことも辛いこともありました.マラソンのように1年を走り切ったという思いと共に,リレーのように次の1年に想いを託します.来年度からはまた新たなメンバーで研究室の新たな一歩が踏み出されます.

【文責:M2 谷口】

AROB 25th 2020

2020年1月22日〜24日にかけて大分県別府市にて開催されましたISAROB2020に参加致しました.本研究室からは廣安先生,清水さん(M2),藤井さん(M2),吉岡さん(M2),辻本(M1)の4名が参加致しました.発表形式は学生全員が英語による口頭発表でした.また,廣安先生は学生が発表するセッションの座長を担当されてました.学生4名の発表題目は以下の通りになります.

  • “Mindful driving: Relationship between driving operation and biological information during mind wandering”
    K.YOSHIOKA; Y.KAWARATANI; H.FURUTANI; T.HIROYASU; S.HIWA.
  • “Brain functional response to different categories of image stimulation using fNIRS”
    R.SHIMIZU; H.FURUTANI; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Effects of two-dimensional crossover in genetic algorithms”
    A.FUJII; H.FURUTANI; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Molecular graph discovery using machine learning approach”
    Y.TSUJIMOTO; Y.OE; H.FURUTANI; S.HIWA; T.HIROYASU.

今回の学会参加は私にとって初めての国際学会でした.初めての学会でしかも,国際学会の口頭発表という事もあり,発表時は大変緊張しました.しかし,別府に到着してからも,入念にスライドの作成や発表練習を行ったので,規定の発表時間内で自分の研究を伝えることができました.質疑応答は英語で答えれる質問もありましたが,古谷先生の質問には答える事ができなかったので,英語のスキルアップが今後の課題であると改めて実感しました.さらに,質問をして答えを聞くだけでなく,そこからディスカッションがある事で,研究発表から新たな知見を得る事が多いと感じました.また先輩方は英語での口答発表でしたが,特に堂々と自信を持って発表されてました.他のセッションでも多くの研究発表を聴講することができたため,今後の研究に活かしていきたいと考えます.




【文責:M1 辻本】