PDPTA 2011

2011年7月18日から21日にかけて、アメリカラスベガス Monte Calro Resort & Casinoにて開催されました「World Comp 2011」に参加しました。
 医療情報システム研究室からはM1の南谷、山中が参加しました。理工学部の知的システムデザイン研究室からも、M2の笠原さん、M1の吉井君が参加し、一緒に発表しました。各学生の発表題目は以下の通りです。
南谷, “Distributed PACS Using Network Shared File System”
山中, “A Framework for Genetic Algorithms in Parallel Environments”
笠原, “Evaluation of Illuminance Provided by the Intelligent Lighting System in Actual Office”
吉井, “An Intelligent Lighting System to Realize Individual Lighting Environments Based on Estimated Daylight Distribution”
 南谷,山中,吉井君の3名が参加した学会は,The 2011 International Conference on Parallel and Distributed Processing (PDPTA2011)です。並列処理や分散処理に関する発表会です。
笠原さんが参加した学会は、The 2011 International Conference on Artificial Intelligence(ICAI2011)です。こちらは、人工知能に関する学会です。
World Comp 2011は、22もの学会が同時に開催される非常に大きなイベントであり、招待講演や企業展示などもありました。また、テレビ局による取材も行われているようでした。このような大きな国際学会に参加できたことは、非常に良い経験になりました。国際学会には初めての参加で、英語での発表および質疑応答も初の経験でした。発表に関しては、練習の甲斐もありうまくいったと思います。しかし、2つ頂いた質問に関しては、英語が聞き取れず的確な回答を行えませんでした。
 発表終了後、観光としてグランドキャニオンに行ってきました。非常に壮大で見たこともない景色でした。日帰りプランのツアーだったのですが、機会があれば宿泊して観光してみたいと思いました。
 初めての英語での発表、海外での生活を通して、英語力の不足が大きな課題であると痛感しました。今後は、研究を活発に進めていくことももちろんですが、英語に関する対策を行っていきたいと思います。
今回の学会参加にあたり、ご指導いただいた廣安先生、吉見先生ならびに研究室の先輩方に感謝します。ありがとうございました。また、廣安先生は学会当日も参加してくださり、質疑応答に関してフォローしていただき、ありがとうございました。
【文責:山中】
                

“PDPTA 2011” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です